牛曳山~比婆山御陵

6月9日 今 ミヤマヨメナが綺麗だと聞いたので 牛曳山へ

広島県民の森の駐車場から少し下ったところにある 牛曳山登山口からスタート
9時38分

画像


ヤマボウシ コアジサイ タニウツギが咲いてます。

画像


画像


画像


登山口から少し入ったところに白樺の林があります。

画像


綺麗だ~

画像


すぐにミヤマヨメナ発見!

画像


でも 写真でしか見たことがなかったので これがそうか いまいち自信なし(笑)
でも きっとそうだよね~って話しつつ 一応 撮っておく

画像


滝のほとりを上りつつ 頂上を目指します

画像


だんだんと数が増えてきて

画像


中腹を過ぎたあたりから 道の両サイドにミヤマヨメナがいっぱい!

画像


まさにヨメナロードです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


こんなにたくさん咲いているとは思ってませんでした。
しかも 牛曳山頂上までずっと続く ヨメナロード ほんと綺麗でした。

牛曳山を過ぎて伊良谷山を過ぎても ずっと咲いてました。
綺麗だったな~
毛無山近くになると少し減ってきていましたけどね。

少し白っぽいイワカガミ

画像


ハンショウヅル

画像


ツクバネソウ

画像


毛無山頂上近くになり 振り返ると 今登ってきた 牛曳山が見えました。

画像


毛無山頂上到着
12時5分
牛曳山登山口からだいたい2時間半
花の写真を撮りながら のんびり登ったので こんなもんでしょう。

画像


ここで お昼休憩をしたのち 比婆山御陵を目指します。

出雲峠

画像


ここには避難小屋とおトイレがあります。
ちょっと使うのがためらわれますが あるだけで ありがたいです。

画像


出雲峠から 烏帽子山を目指します。

画像


アカモノ

画像


やっと烏帽子山到着
14時10分
出雲峠からここまでが長かった~
きつかった~
だいたい1時間かかった。

画像


ここ 虫が異常に多くて もうじっとしていられない。
それに 比婆山御陵への道がよくわからなくて あちこちうろうろ。
道がいろいろあるんだもの。
で きっとこっちだよねって方へ

画像


道の一つは烏帽子岩のところへ

画像


まさに烏帽子の形をしている。
この岩が烏帽子山の名前の元だったと思う。
烏帽子岩へ寄り道して 御陵を目指します。

比婆山御陵到着
14時50分
御陵10合目って書いてあるので ここが比婆山の頂上だよね。

画像


祠の向こうに巨石があり その周りをイチイの木が守っています。
この岩の下に イザナミノミコトが葬られているのかと思うとロマンを感じます。

画像


この御陵 吾妻山からもイチイの木が生えているのが見え 吾妻山からイザナキノミコトが わが妻よ と呼びかけた等の伝説があるので 来たみたかったところなんですよ。
ほかにもいろいろ伝説にまつわる岩などがあるようでしたが 余り寄り道すると遅くなるので そちらはまたの機会に。

御陵の南側正面には 大栂の木が門のように一対に生えていて 御陵への入り口を守っているかのようでした。

画像


御陵からは車を止めた公園センターを目指してひたすら下ります。
その道が長く 面白味がなく 変化に乏しく 退屈な道でした。
野鳥が鳴く声はあちこちでするもの 姿は見つけられず アカショウビンの声も微かに聞いたけど そちらももちろん見ることが出来なかった。

16時20分
やっとゴール!

画像


毛無山からが時間が結構かかり 思ったよりも遅くなった。

画像


思ったよりも暑くなく きれいなミヤマヨメナがたくさん咲いているところがみれ 御陵にも行けて大満足でした。
ただ 虫が多かったのには参った。


この記事へのコメント

  • mag

    牛曳山・・・懐かしいです。
    白樺林までは何度か行きましたよ。もっと行けばミヤマヨメナロードがきれいだってこと、知ってはいるのですが・・・。
    ほんとうにきれいですね。元気が一番ですねえ。
    2019年06月12日 14:34
  • ちょめ

    magさん おはようございます。
    今朝も爽やかな朝です。
    牛曳山のミヤマヨメナ あんなにいっぱい咲いているとは思いませんでした。
    ほんの数メートルだけヨメナロードがあるんだと思ってましたが、それがずっと続くのには驚きでした。
    それにしても虫はめちゃくちゃ多かったです。
    あれ どうしたもんでしょう。
    ちょっと恥ずかしかったけど途中からネットを被っての散策になりました。
    2019年06月13日 08:27

この記事へのトラックバック