ちょこっとハナばなし

アクセスカウンタ

zoom RSS 周防阿弥陀寺の紫陽花

<<   作成日時 : 2018/06/08 08:57   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

7日 ずっと前から行きたいと思っていた 防府にある阿弥陀寺に紫陽花を見に友達3人と行ってきました。


東大寺別院阿弥陀寺

西暦1180年(治承4年)に焼失した東大寺再建の大勧進 俊乗房重源(しゅんじょうぼうちょうげん)上人は、西暦1181年(養和元年)周防国が東大寺再建の造営料国となったことから、西暦1186年(文治2年)周防国府があった防府に下向しました。
阿弥陀寺は重源上人が作った東大寺再建の7別所のひとつで、後白川法皇の安穏を祈願して建立されたそうです。

この日の前日 雨 この日も朝は雨が降っていたので しっとりとした風情が楽しめましたよ。
歩いていても暑くなくて 気持ちのいい散策が出来ました。

画像


画像


画像


紫陽花はまだ咲き始めと言ったのも多かったのですが、それはそれで綺麗でした。
花はなかなか見頃の時に行くのは難しいね。

画像


画像


画像


ゆっくり写真を撮ったりしつつぐるっと回ってちょうど一時間って感じでしょうか。
ちょうどいい感じですね。

画像


画像


画像


御朱印も頂きました。

画像


そしてついつい紫陽花を買ってしまった。

アデュラ

画像


だんだんと色が変化するらしい。
枯らさないようにしなくてはね〜

阿弥陀寺を出たとき まだ11時ぐらい。
お昼にはちょっと早いので 来る途中に見かけた 春日神社へ

阿弥陀寺からほんとにすぐ近く。

周防国の国司として赴任した藤原氏が、文治2年(1186)に奈良の春日神社の分霊を祀ったといわれ、俊乗房重源上人によって再建されました。

御朱印も頂いて帰りました。

画像


そのあとちょうどいい感じの時間になったので防府天満宮へ

お昼ご飯は防府天満宮の参道のすぐそばにある 町の駅 の中のレストランで
自然派レストランと書いてあったような気がしたけど かなりのボリュームがあった。
この日の日替わりがたまたまそうだったのかもしれないけどね。

お腹いっぱいになったあと 防府天満宮へ

道真が亡くなった翌年である延喜2年(904年)に創建され、「日本最初に創建された天神様」と言われているようです。

この防府天満宮へは学問の神様なので子供の受験とかのときにお参りに来た記憶があるけど はるか昔
しかも 正面からは初めてと思う。

画像


裏側に梅園があるので そちらの駐車場へ停めてお参りしたと思う。

御朱印帳がいっぱいになったので こちらの御朱印帳を買い それに書いていただいた。

画像


この後 せっかく防府まで来たのだからと 周防国分寺へも

周防国分寺は、天平13年(西暦741年)聖武天皇の勅願により、国ごとに建てられた官寺のひとつで、創建当初の境内に今も伽藍を残すきわめて珍しい例として知られているらしい。

画像


お寺や神社にある巨木にはすごい力を感じる。

画像


国分寺を出た後 ついでに 毛利庭園へも

画像


ひろくて素晴らしいお庭だけど お花があまりない季節だったせいもあり 人もいなくて寂しい感じ。

この日 それほど暑くなく 防府をあちこちをまわり 防府を堪能したよ。
楽しかった〜
またお出かけしたいね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
綺麗ですね!
山口にそんなにたくさん
御朱印がもらえるところがあるなんて
知らなかったです。もういっぱいになったんですね!
私は、まだまだ(笑)
cocoma
2018/06/08 12:42
cocoma さんへ

紫陽花 風情があってとても綺麗でしたよ。
今回行ったのは防府で有名なところばかりなのでどこも御朱印がありました。
あまり知られてないようなところは無人のところも多いのでそう言うところはダメでしょうね。
御朱印 山口に長く通っていたのでそこでずいぶん集まりましたよ。
ちょめ
2018/06/08 17:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
周防阿弥陀寺の紫陽花 ちょこっとハナばなし/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる